国際線旅客、6月より無作為で検査へ

 数日前の新聞で記事を見ました。国土交通省は2012年6月より、出国する旅客を無作為に抽出し、持ち込み荷物等の検査をするとのことです。



 目的はテロ防止のため、国際線が発着する各日本国内の空港で実施とのこと。いままでも金属探知機に反応した客のみの検査でしたが、無作為に抽出した10%程度の旅客を対象にするそうです。持ち込み荷物だけではなく、接触検査(体につけているものの検査)もおこなうようです。

 本来は4月より開始の予定でしたが、ゴールデンウィークでの混雑時のトラブルを回避するため、夏休み前の閑散期の6月より開始するとのこと。

 無作為というのは怖いですね。別にやばいものを持ち運んだりはしませんが。いわゆる航空会社の上級マイレージ会員対象のファストレーン等でも同じ確率で検査されるのしょうか。まあ、時間がかかる要素が、増えますね…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック